緩和ケアや病気について

緩和ケアと外来緩和ケアチームのご案内

当院には、がんと向き合うあなたを支えるチームがあります。
緩和ケアとはがんに伴って起こるさまざまなつらさを和らげるためのケアです。
体のつらさや、心のつらさ、生活のつらさなど、さまざまなつらさを抱えたがんの患者さんとご家族を支えるケアのことを言います。
がんやがん治療によって引き起こされるすべてのつらい症状を和らげ、生活・生命の質を改善することで明日への希望をつなぐ、それが緩和ケアです。
つらさをとって自分らしく生きていくことは、病期の時期を問わず大切なことです。
緩和ケアは、がんと診断された時からいつでも受けることができます。
緩和ケア外来のご案内

緩和ケア 毎週火曜日 14:00~16:00 完全予約制(お電話でも、直接受付けでもご予約できます)

がん治療を受けながら、あらゆる経過中で経験するさまざまな苦痛緩和のご相談を お受けしています。
自宅から通院しながらご自分らしい生活を送ることが出来るようサポートしていきます。
また、ご自宅で過ごしたいというご希望をかなえるために、通院が困難であれば、自宅への緩和ケア訪問を行っています。
患者さんご家族にあった在宅サービスを相談し、サポートさせていただきます。
お気軽にご相談ください。
緩和ケアチーム 

緩和ケア 毎週火曜日 14:00~16:00 完全予約制(お電話でも、直接受付けでもご予約できます)

緩和ケアチームメンバー 緩和ケアチームでは、主に入院中のがん患者さん、ご家族の以下のような相談に対応しています。
  • 痛みがつらい
  • 息苦しさがある
  • 夜眠れない
  • 不安やいらいらがある
  • 気分が落ち込んで何もする気にならない
  • 麻薬の痛み止めは本当に飲んで大丈夫?
  • 退院して自宅で過ごしたいが方法が分からない
  • 自分らしく穏やかな生活を送りたい
  • 本人とどう接していいのか分からない(ご家族)

その時のがんの治療の有無に関わらず緩和ケアチームに相談することが出来ます。
がんに関するつらさがある方、話を聞いてみたい方は、主治医や看護師にご相談ください。

緩和ケアチームメンバー
医師 清水 達也  
がん性疼痛看護認定看護師 茶木 美智子
病棟・外来担当看護師  ソーシャルワーカー  理学療法士  薬剤師

病気のお話

病気に関する様々なお話をいたします。

これって本当?病気の話

健康ブームに乗って民間療法、健康食品、サプリメントなど沢山出回っています。
情報時代の今日、何が正しいのか何が間違っているのかを判断していかねばなりません。
メディアから入ってくる情報が正しいとは限りません。 “これって本当に正しいのかな?
科学的に裏付けができているのかな?”といった問題を とりあげていきます。
現在の一般的な医学的な立場での考えをお話していこうと思います。
中には現在の科学、医学では不明なだけで、将来正しいことが証明されるものもあるかも知れません。

第1話 「血液サラサラ」
第2話 「キレート療法」
第3話 「寝ている間にやせる方法」
第4話 「健康に良い水?」
第5話 「イチョウの葉エキスは認知症に効く?」
第6話 「銅の青カビって毒?」
第7話 「ロイヤルゼリーは副作用がない?」
第8話 「葉酸やビタミンB12は癌ができる?」
第9話 「飲むヒアルロン酸は効くのでしょうか?」
第10話 「DHAは認知症に有効か?」
「これって本当?」は平成25年9月号の「中江病院だより」をもちまして終了させて頂きました。
「中江病院だより」は「慈希 いつき」に変わり病院グループの情報を提供していきますのでよろしくお願い致します。